ページトップへ

ブログ

昨日の荒天とは打って変わって、今日はとってもいいお天気。

桜の開花は例年よりも早いようで、今週末には満開になりそうですね。

 

先週は、実家(岐阜)に帰って、早咲きの河津桜を見てきました。

インスタで発見した、田舎の超ローカルスポット。

密とは無縁のお花見を堪能できました(笑)

 

* * * * *

 

では、本題へ。

今回は、お客様からのご要望も多い『2way玄関』を深掘りしようと思います。

 

2way玄関とは?

散らかりやすい玄関をスッキリ見せるために、

家族が通るルートと、お客様が通るルートを分けた玄関のこと。

玄関内に、ウォークスルーの土間収納を設置するケースが多いです。

 

約2年前に建築したわが家も、流行りに乗って(?)2way玄関を採用しました。

冒頭の2分間をご覧いただくと分かりやすいかと思います。

 

間取り図にあらわすと、こんな感じ。

玄関ドアから中へ入って、右側にシューズクローク(土間収納)があります。

お客様はそのまま直進、家族はシューズクロークを抜けて、ホールへ上がることができます。

 

パッと見、便利そう!

と感じる方が多いようですが(私もその一人)、実際に暮らしてみて、

「2wayにする必要は無かったなぁ」

と実感しています。

 

正直、家族ルートはほぼ使ってません(ノ∀`)

 

土間収納からホールを見ると、こんな感じ。

ホールの右側に収納をつくったため、通路幅はギリギリです。

荷物を持っていると通りづらいし、確実に遠回り。

帰宅時にこちらを通ることは、ほぼありません。

 

わが家では、土間スペースの端っこに、処分予定の段ボールを立て掛けています。

段ボールを置くときに、靴を履かなくても良いのは楽ちん。

ウォークスルーにしたことのメリットを感じるのは、唯一そのときだけです。

 

玄関収納に関する後悔は、実はもう一つ。

ホールを上がったところのクローゼットには、上着やバッグを収納しているのですが、

「コート収納をもっと広くすれば良かったなぁ」

と感じています。

特に、冬の寒い時期はコートがかさばるため、容量オーバーしてしまいます。

 

もし、もう一度マイホームを建てるなら、次はこうしたい!

とアレコレ妄想しつつ、プランを考えてみました。

 

【Before】※現状

【After】※修正後

玄関全体の広さはそのままで、収納の奥行を縮小。

さらに、土間収納とコート収納の割合を1:1に変更しました。

アウトドア好きなファミリーには物足りないでしょうが、

超インドアなわが家の場合は、これで十分。

 

収納に関しては、若干の後悔がありますが、玄関横のベンチには大満足。

帰宅時に荷物を置いたり、宅配の荷物を仮置きしたり…

座って靴を履く、以外の用途にも大活躍。

2度目のマイホームにも必ず採用したいと思えるほど、気に入っています。

 

玄関は運気の通り道。

玄関をキレイにしておくことは、開運にもつながるといわれています。

 

いつもスッキリと片付いた玄関を実現するために、

しっかりと動きをシミュレーションして、収納計画を検討されることをオススメします。

 

 

++++++++++++++++++++

グッドホーム豊田では、お客様お一人お一人のご要望に合わせて、

オンリーワンのプランをご提案いたします。

豊田市若林東町にて、常設モデルハウス公開中☆★

前もってご予約いただければ、いつでもご案内させていただきます。

経験豊富な設計士と、実際にグッドホームの家に住んでいる女性スタッフが対応します。

どうぞお気軽にお問合せくださいませヾ(*´∀`*)ノ

↑上の画像をクリックしていただくと、ご予約ページへ進みます。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全14ページ中)