ページトップへ

ブログ

「床材選びを制する者は、インテリアを制す」

というのは言い過ぎかもしれませんが、

床材のテイスト・色味によって、お部屋の雰囲気は大きく左右されます。

 

グッドホーム豊田のお家は、無垢・無塗装のパイン材が標準仕様。

肌当たりが優しく、温かみのある雰囲気が特徴です。

 

無塗装が標準ですが、オプションで塗装品を選ばれる方も多いです。

左から順に、無塗装、ホワイト、ピューリタンパイン、ウォールナット、アンティークブラウン。

 

同じ樹種であっても、色を変えるだけで、お部屋の雰囲気は一変します。

シンプル、ナチュラル、あるいは可愛いらしい雰囲気がお好きな方は明るい床、

カッコイイ雰囲気がお好きな方は、ダークトーンの床を選ばれることが多いです。

 

室内の大きな面積を占める床材のカラー選びはとても重要。

そして、その床にどんな室内建具(ドア)を合わせるかによって、

お部屋のインテリアの方向性は、ほぼ決まってしまいます。

 

弊社のお家の室内建具は、神谷コーポレーションのフルハイトドア。

天井高いっぱいの高さと、枠の見えないスッキリとした納まりが魅力です。

 

どの床を選べば、自分たちの「好き」に近づくのか、、、

 

そのヒントを見つけていただくために、弊社のお客様の中で人気の高い、

・無塗装

・ピューリタンパイン

・アンティークブラウン

の3パターンの施工実例を、それぞれmovieにまとめました。

 

1分程度の短い動画ですので、ぜひ見比べてお楽しみください(●^o^●)

 

床:無塗装

大きい画面で開きたい場合はこちら → 

 

床:ピューリタンパイン

大きい画面で開きたい場合はこちら → 

 

床:アンティークブラウン

大きい画面で開きたい場合はこちら → 

 

動画ではなく「実際のお家を見てみたい」という方は、

下の画像をクリックして、イベントページへお進みくださいませ。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全12ページ中)