ページトップへ

ブログ

アパートから戸建てに引っ越すと、光熱費はどれくらいupするの!?

皆さんが気になるポイントの1つだと思います。

 

住宅ローンを借りてマイホームを建てる場合、月々の返済金額は重要です。

無理なく返済できるように、上限をしっかりと決めておく必要があります。

そして、それと合わせて、水道光熱費や固定資産税、

将来発生するであろう修繕費用についても、考えておかなければなりません。

 

先日、自宅にて、書類の整理を行っていたところ、数年前の電気・ガス料金の検針票を発見しました。

アパートで暮らしていた、最後の1年間のものです。

 

この検針票は、たまたま残っていたものではなく、あえて保管していたもの。

「マイホームに引っ越して1年経ったら、料金を比較してみよう」

と思っていたのですが、ずーっと放置していました。

 

アパートから戸建てに引っ越したら、光熱費が大幅にupしてしまいそうで心配だなぁ

という方に向けて、わが家のリアルな数字を公開いたします。

 

前提として、

・夫婦2人暮らし

・共働きだが、夫は夜勤があるため、トータルの在宅時間は長め

 

まずは、アパート編。

鉄筋コンクリート造の7階建ての建物の4階に住んでいました。

2013年に新築で入居したため、断熱性能もそこそこ良い建物だったと思われます。

冷暖房器具は、LDKのエアコン1台のみ。

プロパンガスだったため、冬のガス料金が高いことが悩みでした。

 

続いて、戸建て編。

わが家はあえて、オール電化にはしませんでした。

アパートのときと同様、給湯器と調理機器(コンロ)がガス。

それに加えて、12月~3月まではガスファンヒーターも使っています。

ガスの使用量は確実に増えていますが、都市ガスにしたことで、ガス料金はダウンしました。

 

合計金額は、こんな感じ。

アパートから戸建に引っ越したことで、光熱費は7,000円ほどupしました。

 

この結果を見て、皆さんはどう思いますか?

 

私自身は、毎月の検針票を見て、

「アパートのときとそれほど変わらないなぁ」

と感じていました。

そして今回、1年間の結果をまとめてみて、7,000円のupで済んだことにほっとしました。

(おそらくオール電化にすれば、差額はもっと小さくなったと思われます)

 

アパートと戸建てを比較すると、面積はほぼ倍になっています。

にも関わらず、光熱費は、約1.04倍。

 

さらに、わが家は太陽光発電も行っているため、

そちらの売電収入で、光熱費(+水道代)はすべて賄えます。

 

家が大きくなったら、それと比例して光熱費もupするのでは?

と心配されている方がいらっしゃいましたら、1つの実例として参考にしていただければ幸いです♪

 

わが家の詳しいスペックが気になる方は、どうぞお気軽にお問合せくださいませ(●´ω`●)

 

 

++++++++++++++++++++

グッドホーム豊田では、お客様お一人お一人のご要望に合わせて、

オンリーワンのプランをご提案いたします。

豊田市若林東町にて、常設モデルハウス公開中☆★

前もってご予約いただければ、いつでもご案内させていただきます。

経験豊富な設計士と、実際にグッドホームの家に住んでいる女性スタッフが対応します。

どうぞお気軽にお問合せくださいませヾ(*´∀`*)ノ

↑上の画像をクリックしていただくと、ご予約ページへ進みます。 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全14ページ中)