豊田市の注文住宅|自然素材・漆喰と無垢・自由設計

【プチDIY】マイホームのモヤモヤ解消法3選

はじめに

豊田市の注文住宅|株式会社 グッドホーム豊田|自然素材・漆喰と無垢

こんにちは。

グッドホーム豊田お客様サポートスタッフの工藤です。

私は2018年に、マイホームを建てました。

 

こちらのコラムでは、

「初めての土地探し」「初めての家づくり」を経験し、

実際に『漆喰と無垢の家』で3年間生活して感じたことを、

リアルなエピソードを交えながらお伝えします。

 

皆さまの夢のマイホームづくりに、少しでもお役立ていただければ幸いです。

 

今回は、マイホームでの生活をより快適にするために、

私が実践した《簡単DIY》を3つご紹介します。

①ペーパータオルホルダーを設置

わが家の洗面所には、タオルが1枚しか掛けられません。

アパート時代は、広げた状態でタオルを掛けていましたが、

新居では、半分に折った状態でしか、掛けることができません。

 

皆さま、ご存知でしょうか?

同じ1枚のタオルであっても、広げた状態と折った状態では、乾き具合が全然違うことを。

 

湿った状態のタオルを触るのは、なんとなくイヤ。

かといって、小さいタオルを何枚も置いておくのは面倒。

そんなモヤモヤを解消するために、昨年、ペーパータオルホルダーを設置してみました。

 

新型コロナウイルスの影響で、

「家族でタオルをシェアすること」

を避けているという話を耳にするようになりました。

また、来客の際には、別でタオルを用意される方も多いと思います。

 

シチュエーションに応じて、タオルとペーパータオルを使い分けることは、

個人的にはとってもオススメ!

 

わが家のホルダーは、プラスチック製で軽いため、石膏ボード用のピンで取り付けています。

もし、スチール製の重いものをつけたい場合は、前もって下地補強しておくと安心です。

②センサータイプのフットライトを増設

夜中、喉が渇いたときや、トイレに行きたくなったときに、足元を照らしてほしい。

そんな思いから、フットライトを設置される方は多いと思います。

わが家の場合は、寝室のある2階に1ヶ所だけ、フットライトを設置しました。

 

1つで足りる?

もっと付けるべき??

家づくり経験者の皆さまが、頭を悩ませるポイントだと思います。

 

私の場合は、フットライトがあると便利そうな場所に、

あらかじめ「コンセントだけ」を付けておくことを選択。

実際に住み始めてから、本当に必要なところだけに増設しました。

(増設といっても、コンセントに差し込むだけですが)

 

センサーライトには、大きく分けて3つのタイプがあります。

1.部屋が暗くなると、勝手に点灯するタイプ(明暗センサー)

2.人の動きを察知して点灯するタイプ(人感センサー)

3.暗い状態で、人の動きを察知して点灯するタイプ(明暗・人感センサー)

 

1のタイプは、夜間ずっと点灯しています。

ベッドから見える位置に設置してしまうと、睡眠を妨害するかもしれません。

2のタイプは、部屋が明るいときにも点灯します。

人の動きが多い場所に設置すると、電気(あるいは電池)を無駄に消費してしまいます。

 

わが家で採用したのは、3のタイプ。

部屋が真っ暗な状態で、人の動きを察知すると点灯します。

階段と洗面所に設置することで、夜中のトイレルートの安全が確保できました

③ひものれんで目隠し

わが家の玄関には、土間収納(シューズクローク)が隣接しています。

収納の入口には、引き戸が設置されているのですが、ホールの方はオープンスタイルです。

 

散らかりやすい玄関周り。

土間収納があるおかげで、すっきりした状態がキープできています。

その一方で、土間収納の方は、処分予定の段ボールであふれていることもしばしば。

 

外出するときにリビングからホールへ出ると、

たった一瞬、土間収納のゴチャゴチャが目に入ります。

その一瞬が、どうしてもイヤ。

 

そんなモヤモヤを解消するために、ちょうど1年ほど前、目隠しを設置しました。

ロールスクリーンにすべきか、レースカーテンにすべきか、迷ったのですが、

私が選んだのは、「ひものれん」

 

つっぱり棒に引っかけるだけなので、誰でも簡単に取り付けられます。

壁が傷つくリスクが無いため、DIY初心者も安心。

いちいち開け閉めしなくても、段ボールが捨てられるのは、ズボラには嬉しいポイントです(笑)

まとめ

注文住宅の家づくりは、建物が完成して終わり、ではありません。

お引渡しのタイミングが、新たなスタート!

 

実際に暮らし始めて、日々のモヤモヤを1つ1つ解消していくことで、

より快適な《マイホームLIFE》が送れるはずです。

 

グッドホーム豊田のお家は、完全に間取りフリー。

お客様のライフスタイルに合わせて、オンリーワンのプランを提案させていただきます。

 

初めての家づくりは不安がいっぱい。

そんな不安を一つ一つ解消し、家づくりを“楽しんでいただきたい”と私たちは考えています。

 

土地探し・家づくりに関するご相談には、随時対応しております。

経験豊富な設計士が、お客様の気持ちに寄り沿ってご提案させていただきます。

しつこい営業は一切行いませんので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

【施工可能エリア】

愛知県全域、岐阜県の一部

 

【新築実績有り】

豊田市、岡崎市、安城市、東浦町、瀬戸市、尾張旭市、西尾市、
扶桑町、愛西市、一宮市、名古屋市、北名古屋市、
岐阜県岐阜市、岐阜県海津市、岐阜県羽島郡岐南町、三重県東員町